1. TOP
  2. 牧場について

牧場について

MJMバーベキュー大会 001
MJM牧場は日本の北海道や信州などにある酪農主体の牧場や、狭い厩舎に多くの牛を閉じ込めて飼育する肉牛牧場とは趣も雰囲気も全然異なります。ここには悠久なる自然と牛馬や多くの野生動物に囲まれた平和で牧歌的な風景があります。時の流れも緩慢で「何もしない贅沢とういうものもあるんだな」と言うことを教えてくれます。大草原から昇る朝日、そして地平線の向こうに沈む夕陽の荘厳な美しさは筆舌に尽くし難い程です。ここは右を向いても左を向いても山に突き当たったり海の見える日本的な情景とは無縁の世界なのです。自然や動物達としばし対座することで、きっと皆様の心は癒されることでしょう。

 

牧場の概要

BIRD EYE 3

当牧場は、ケネディ大統領暗殺やテレビドラマ「ダラス」、ダルフィッシュ投手所属のテキサス・レンジャーズで有名な人口700万人余を有するダラスのメトロポリタンの北東、車で1時間程の片田舎に位置しています。敷地16万坪、東京ドームがほぼ12個程入る広さですがテキサスではそれぞれの牧場があまりにも大き過ぎるので、本格的な牧場の類ではなく「趣味の牧場」みたいなものかも知れません。それでも周囲4キロ、4つの池や涸れ川、森もあるので自然に囲まれた独自の風景を楽しむことが出来ます。周囲を見渡しても殆ど自分の土地にて借景ではありません。

当牧場の自慢は満天下に繰り広げられる星座ショウです。郊外も山も灯りもない所から見上げる空は、まさに手が星に届きそうと言う表現がぴったり、きっと貴重な体験になることでしょう。牧場内には野生の花や樹齢何百年と言われる樫の大木や大きな池で泳ぐガチョウや鴨、そして多くの小鳥達、リス、うさぎ、アルマジロは勿論のこと牧場奥深くの森へ行けば鹿、山猫、イノシシ、コヨーテ、野生の七面鳥等が生息しているまさに自然界の動物や植物にとっての楽園でもあります。

現在肉牛30頭前後を飼育、毎年春先には子牛が生まれますから秋口には総勢40頭余のモウさん達がのんびり草を喰む、牧歌的な光景が見られます。馬はクォターホースが4頭、将来的には乗馬及びレッスン用として調教していこうと思っています。目下その他にはラバやシェパード犬及びトイプードルがいます。

牧場の生い立ち

牧場オーナー

オーナーのマイクは2005年、長年住み慣れたニューヨーク近郊を離れリタイアと共にこの地に牧場を取得、それ以後悠々自適な生活をして来ました。彼は40年程前日本から徒手空拳で単身渡米、コロラドのロッキー山脈の奥深く、当時としては非常に珍しいジャパニーズカウボーイになりました。そしてその牧場にて妻ジェーンと運命的な出逢い、爾来35年間の幸せな家庭生活を送るも5年前婦人は癌にて他界、その後彼はお一人様の気楽さからくるライフスタイルをを選択しました。大自然や動物達に囲まれる平和な隠遁生活彼の望みです。

頼もしい人気者

Mr.Tora_2

当牧場には二匹の犬がいます。一匹は犬なのに名前は「トラ」。10才になる雄のジャーマンシェパード。父親は全米チャンピオンにもなった血統証付きのいい種のボンである。幼少の頃から躾たので家の中で粗相をすることもないし、見た目怖そうだけど至って気が優しい。犬の中では最も利口で強く、忠誠心旺盛で家族を守るには最適と言われる警察犬である。もう一匹は「フック」と言って東京生まれで東京育ち、2年前こちらに移住して来ました。MJM牧場に来るお客さん達は彼らに会った途端にファンになる。ここでの一番の人気者達である。

朝日と夕陽と星座群

MJM牧場の朝日は荘厳で美しい。ハッと息を呑むような雄大な夕陽も捨てがたい。夕暮れどきポーチにある揺り椅子に座り、ワイングラスを片手にモウさん達がのんびり草を喰む光景を眺める。この牧歌的で平和な風景こそがMJM牧場の財産である。夕食の後、再びポーチや裏庭にあるロートアイアンチェアーに座り、今度は満天下の星座群を見る。公害やスモッグゼロ、街明かりゼロのここテキサスの大いなる田舎、まるで星が手に届くような距離で無数に輝いている。今時天の河が見られるところは少なくなった。山のない360度の景観はまさに満天下という名に相応しい。百聞は一見に如かずである。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA