1. TOP
  2. アクティビティ

アクティビティ

MJM牧場周辺ではテキサスや西部ならではの色々なアクティビティが体験出来ます。ファームステイをしながらこれらの体験をすることが出来るのですが、数日から1週間の滞在ではとても全てをカバーすることは出来ません。しかも人それぞれに興味が異なりますので、お客様独自のカスタムプランを立てていただき、基本的にそれに基づきMJM牧場滞在中のアクティビティをこなして行こうと思っています。限られた時間の中で見聞を広げ、異文化交流や英語力の向上を図り、観光客の視点ではなく、アメリカ人と同じ目線に立って海外体験が出来ます。

ダラスフォ-トワース観光

Dallas skyline

Sightseeing to Dallas-Ft. Worth (ダラスフォートワース観光)

1963年ケネディ大統領暗殺。米国民の信望を一身に集めていた若き大統領の突然の死は古き良きアメリカに終焉を告げ、同時にダラスの名を世界中に広めたのである。JFKの暗殺でで有名になってしまった街ではあるが、ダラスはまたこの十年間でアメリカで最も人口移入が激しく大きな成長を遂げていて、このダラスこそ常に邁進し続けるパワフルで極めて「アメリカらしい都市」と言えるのかもしれない。オイルビジネスを中心に巨大な商業都市に発展、エクソン、アメリカン航空、セブンイレブン、等この街に本社を置く企業が非常に多い。ダラスフォ-トワースのメトロポリタン地域には700万人の人口、全米でも屈指の急成長地域でもある。

近時は日本のトップ企業が北米本社をダラスに移転して来ている。トヨタ、NTT,NEC,クボタ、JR東海。。。今全米で最も「熱い街」ダラスの急成長ぶりを見るのも旅のサプライズの一つとなるだろう。

フォートワース

一方フォートワースはダラスから西に40分程の位置にあり西部開拓時代の伝統が色濃く残る街。西部劇のワンシーンのような雰囲気が漂い、今もカウボーイハットにウエスタンブーツ姿のカウボーイ達に出会えるところでもある。そこにあるストックヤード国立歴史地区では古き良き西部開拓時代の面影がいたるところに見られ、またここではテキサスグッズのショッピングや食事ができ、ロデオ、テキサスカウボーイ記念館(殿堂)、ウェスタンスタイルのバーなどがあり、毎日2回行われる牛のパレードは必見。家畜取引所や、ストックヤードステーションなどの歴史的な建造物、家畜小屋を改装したショップやレストランも訪れてみたいところである。

レンジャーズ球場ツワー

レンジャーズ球場 Rangers Stadium field

言わずと知れたダルフィッシュ所属のテキサス・レンジャーズの本拠地である。レンガと鉄骨を組み合わせた新古典主義の典型的な球場である。デーゲームもよく行われ、夏には40度を越す暑さにもなるので、選手はメジャーならはのタフな体力を要求される。収容人員5万人。

カウボーイスタジアム訪問

カウボーイスタジアム内部カウボーイスタジアムDallas Cowboys football stadium

2009年にオープンしたカウボーイスタジアムは世界最大の多目的屋内スタジアムである。アメフットのダラスカウボーイの本拠地であるがシーズンを通じて8試合しかないので、スタジアムの稼働率を上げる為、バスケット、サッカーなどの他のスポーツやコンサートも開催される。総工費1300億円をかけ建設され随所に富裕層向けのボックスシートやホテル並のロビーがある。収容人員は最大110、000人、東京ドームの倍の広さがあり一見の価値ある巨大な建造物である。

ロデオ見学

ロデオjカウボーイ
http://www.fwssr.com/ フォートワースロデオ

ロデオはカウボーイのオリンピックと思えば分かりやすいが、跳ねたり暴れたりする馬や牛に乗る、非常に危険で激しくダイナミックな競技である。命を落とすものも少なくない。8秒間乗り切ると採点され、それ未満だと失格である。カウボーイの街フォートワースには世界最古のロデオアリーナがあり、ここでは毎週金曜日土曜日の夜、チャンピオンシップロデオが開催されている。

大型店、巨大専門店訪問

BASS PROVisit mega stores like Walmart ( 巨大専門店訪問)
日本の近未来の小売業界の方向性を知りたければアメリカの流通業界を見ろ、とよく言われる。驚くなかれ全米で最も小売店舗の数が多いのはダラスである。従ってここにはあらゆる小売業態が見られるが、とりわけ目を引くのはやはりウォールマートやターゲット、コストコに代表される大型店や、ベストバイ、ホームデポ、バスプロ、ディックス、ベッド&バスビヨンドなどの巨大専門店である。色々な形態のお店を訪問するので、日本からのお客様にとても人気のあるツワーです。

ゴルフ天国ダラス周辺

TOUR 18 001Playing golf ( ゴルフ三昧 )

驚くなかれ、ダラス市内及びその周辺には毎年PGAの試合が行われる数箇所の名門コースと共に200箇所以上のゴルフコースがある、まさにゴルファー天国である。従って各ゴルフ上の競争は熾烈で、その分考えられないくらい安い価格でプレー出来るところが非常に多い。ゲストには3日連チャンでプレーした猛者もいる。

* 尚こちらでプレーご希望の方は靴、手袋のみご持参下さい。クラブはこちらで用意します。

ダラス豪邸巡り

ダラス豪邸

テキサスは他州と比べ、不動産(土地が)安いのでアメリカの中でも特に大きくて立派な家が沢山目に付く.特にダラスはブッシュファミリーのように石油で成り立ったお金持ちが多いと言われる。日本にも豪邸と言われるモノは多々あるが、やはりアメリカのそれとは大きさも広さも豪華さもかなりの差があるように思う。東京の土地や建築資材の価格がダラスあたりはその10分の1位と言えば、歴然たる差も容易に理解出来る。所詮庶民にとっては高嶺の花とは言え、一見の価値あるダラスの高級住宅街である。

市内や大学キャンパス訪問

Texas A&M Univ.
牧場から6キロのところにまるで西部劇に出てくるようなコマースの古いダウンタウンがある。人口8000人のテキサスの典型的な田舎町。ここには全米でも名が知れたテキサス農工大コマース分校がある。学生数12000人、市の人口より多い大学の街。それゆえに街の教育レベルは高く、ここ十数年殺人事件などない静かで安全な街である。

Canton Flea Market ( 全米最大の蚤の市) 毎月第1週の週末4日間

http://cantontxfirstmonday.com/

Canton, Texas flea market

MJM牧場から車で1時間走ると、カントンと言う田舎町に着く。毎月初めの週末4日間ここで開催されるフリーマーケットには圧倒される。出店者数 3500、全米第一の規模を誇り、一日ではとても回りきれない程。ぶらつくだけでも一見の価値あり。

アメリカ人にとってフリーマーケットは、なじみの深いカルチャーです。それはは生活に根付いていて、毎週どこかで開催されていて、週末になると早朝からフリーマーケットに行く人達が多く見られる。各地の蚤の市に出店して生計を立てている人もいるくらい。アメリカの人たちは新しいモノにも敏感だが、ひとつのモノを捨てずに大切に使ったり、自分が不必要になったモノでも、また違う人に譲ってリユース&リサイクルする。そんな「モノを簡単に捨てない」という人たちも多いのである。

家畜競り市

AuctionCattle Auction

テキサスは恐らく全米でも最も家畜の競り市が盛んなところである。牧場から45分、エモリーという小さな街にその会場がある。アメリカ人でさへ殆ど見たことのない、従ってありきたりの観光旅行では絶対に見られない光景、一見の価値ありである。築地の魚市場と似て非なるもの、その流れ作業のシステムは興味深々である。

湖畔でのピクニック

湖畔でのピクニックCooper lake picnic and camping ( 湖畔でのピクニック)

ワイナリーで試飲と食事

LANDON WINERY
アメリカのワイナリーと言うと カリフォルニア!と思う人が多いだろう。まさか テキサスで?!そうなんです。テキサスは全米でも有数の隠れたワインの名産地。州内には、35箇所を超えるワイナリーが点在している。ワインの生産量はもちろんカリフォルニア州が断トツで9割を占めているが、ワイン通の人はテキサスが生産地であることを知っている。ダラス・フォートワース空港のすぐそばにグレープバイン市がありそこには9つのワイナリーがある。グレープバインという地名は日本語で”ぶどうの蔦”という意味。写真のランドンワイナリーの醸造所もそこにあるが、MJM牧場から車で20分のグリーンビルという街に、ワイナリー直営のイタリアンレストランがあり、そこでワインの試飲及び美味しい食事が出来、日本からのお客様もお気にりの場所である。

モールでショッピング

Galleria Mallショッピングモール
ノードストームとメイシーズとサックスフィフスアべニュー、最高級店のティファニーとルイヴィトンを含む200店舗以上が入る、美しい多層階ビル(4階建て)の巨大なギャラリアモール。 中にはアイススケートリンクもあり、クリスマス前になると巨大で立派なクリスマスツリーがスケートリンクの真ん中に飾られる。あんな大きなもみの木をどうやって運んできたのだろうかと不思議になるくらい巨大である。